<var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"><progress id="rdfrl"></progress></strike></var><var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"></strike></var><var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"><progress id="rdfrl"></progress></strike></var>
<menuitem id="rdfrl"></menuitem> <var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"><progress id="rdfrl"></progress></strike></var>
<var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"></strike></var> <menuitem id="rdfrl"></menuitem>
<menuitem id="rdfrl"></menuitem><cite id="rdfrl"><strike id="rdfrl"></strike></cite>
<var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"></strike></var>
<var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"><video id="rdfrl"><listing id="rdfrl"></listing></video></var><var id="rdfrl"></var><var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"></var>
<var id="rdfrl"><strike id="rdfrl"><listing id="rdfrl"></listing></strike></var>
<var id="rdfrl"></var>
当前位置:  九大日文版ニュース最新情報

「忙しすぎるのは嫌だが暇すぎるのも嫌」、中国若者たちの仕事観は何を啓発している?

2019-12-06来源:人民網日本語版
分享到: 更多
   切换手机版

  中国の大手就職サイトの「智聯招聘」が公布した「2019労働者年中分析報告」によると、90.4%の労働者が2019年前半、「裸辞(転職先を決めぬまま退職すること)」を考えたことがあるらしいです。特にこの考えを持つ90後、95後(1990年及び1995年以降生まれた世代)の比率が前世代の人より一層高まります?!嘎愦恰工驔Qめた人たちは、絶え間なく残業が続いて、疲れすぎ、又は仕事が暇すぎて、挑戦がないなど、退職の理由がそれぞれです。
    若者の多くが、「忙しすぎるのは嫌だが暇すぎるのも嫌」と思っています。これは、表面的にみると、矛盾した考え方のようですが、冷静に考えてみると、このような傾向から、現代の若者をワガママと非難することはできません。実のところ、「忙し過ぎるのも暇すぎるのも嫌」は、職場に対する彼らの真のニーズを反映しています。
    まず、「疲れすぎる」ことについてみていきましょう。多くの仕事が、「言葉にならないほど疲れる」と形容できます。そしてそれは少しも言い過ぎとは言えないのが現状です。ネット大手各社やユニコーン企業(評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業)を含む多くのネット関連企業は、市場評価と熱意をスローガンにして、「996(午前9時から午後9時まで、週6日間勤務という過酷な勤務状態)」文化を大々的に推し進めており、従業員は日々の業務以外にプライベートな時間を持てないような状況にあります。あるIT企業に勤める若者は、「毎日家に帰るのは午前の1時か2時、このまま仕事をし続けると死ぬのではないかと思う。健康と仕事、どちらかを選べと言われたら、迷いなく健康を選ぶ」ともらします。
    当然ながら生きて行く上で奮闘することは重要であり、特に必死に頑張らなければならない年齢においてはなおさらです。だが、どのような奮闘であっても、身体を壊すという代償を伴うものであってはなりません。清華大学に、「祖国のために50年間健康で働く」というスローガンがありますが、長時間身体に負担をかけ続けていたら、一体どうやって50年間元気に働くことができるでしょうか?しかし多くの企業の業務スピードやその働く度合いを見てみると、いずれも「自分の命を懸けて明日を掴み取る」ような状態となっています。このような状況のもとで、「裸辞(転職先を決めぬまま退職すること)」を選択することは、一見ワガママのように見えますが、実は理性的な判断だといえましょう。
    次に、「暇すぎる」ことについてみていきましょう。これが原因で辞職することは、「若者は一体何を考えているのかわからない」と人に感じさせるような行動なのではなく、実は彼らが明確な理想や価値観を持っているからこその選択だと言えます。彼らは決して「ビート族(常識や道徳に反抗し、無軌道な行動をする若者)」ではなく、キャリア発展をしっかり考えており、やりがいや事業発展を志しています。一方、暇すぎる会社は社員にキャリア発展の可能性を提供することは難しく、「仕事が人を引き留める」ことができないのです。
    実際のところ、暇すぎる会社というものはいずれも「頭打ち」という問題を抱えているケースが多いです?;嵘绀摔瑜盲皮悉饯伟k展が頭打ちで、下手をすると会社の存続すら危うく、どうにもしようがないという場合さえあります。また社員個人の発展が「頭打ち」というケースもあります。それは会社の枠組みがほぼ成熟しており、レベル別管理がかなり固定化し、決まりきった昇進ルートしかない場合です。あるホワイトカラーは、「卒業したばかりの私にとって、仕事の初志は、安定ではなかった。古臭い習慣を踏襲するのが嫌で、何もせず無為に過ごすことを恐れ、挑戦し甲斐のある仕事をやりたかった。このような考え方は、批判の対象となるべきではなく、逆に大いに提唱されるべきものだ」と訴えました。

   このような状況から、忙しすぎる、あるいは暇すぎるのは嫌という若者は決してワガママなのではないことがわかります。直視すべきは、これまで多くの人はただ一つの職場のためにだけ働いていましたが、今のホワイトカラーの多くは、その職場に対してより厳しい要求を突き付けているという現状です。また、社会の発展やチャンスの増加も、ホワイトカラーにより多くの選択肢を提供するようになっています。調査によると、若い人が「裸辞」を考える最大の原因は、キャリア発展の可能性が見えないことであり、給料などの待遇はそれに続く形となっています。この事実は、企業側に市場評価と熱意をスローガンにしてはならないと警告しています。実際の業績を上げるためには、社員にキャリア発展の見込みがあると感じさせ、発展の成果をシェアする必要があります。社員をただの道具と見なすことや、全面的な発展という彼らのニーズを軽視することは、ゆめゆめあってはなりません。


图文来源网络 如有侵权 请联系删除

扫描二维码关注智农361公众号,了解更多农事资讯

手机长按二维码识别

[责任编辑:何苇] 标签: nbsp 2019 90.4% 高まり 理由が
您可能喜欢的

友情链接

微信分享
盈彩